なんと20年間で13,000人の成功実績!
メディア出演も多数の不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック


■  妊娠したい人のために



病院で不妊治療を受ける場合、よく、排卵誘発剤を処方されたりします。ただ、排卵誘発剤は、人によっては吐き気や冷えが出ることがあります。これ以外、病院での治療や検査の中には、大変な痛みを伴う場合もあります。また、病院によっては、治療に通っても、タイミング療法を指導されるだけ、というケースも多いようです。これには、自分できちんと予備知識を得ておく必要があります。

不妊症では、と1人で思い悩むより、妊娠や不妊について詳しい知識を持っている専門家に相談した方が、解決策を見つけやすいし、何より1人で悩みを抱え込むことがなくなって、少しはストレスの軽減につながることになるでしょう。妊娠の方法や不妊に対する専門家といえば、やはり婦人科です。婦人科に行って検診なり、相談をするのが第一ということになります。それでも、どの婦人科が良いのか、悩むことでしょう。まずは、口コミなどで、信頼でき、きちんと相談に乗ってくれる婦人科を探すことから始まります。

不妊治療でもレーザー治療があります。これは、子宮など組織を活性化させ、妊娠する方法として不妊症に悩む人たちの間で話題になっています。簡単に言えば、血行を改善して子宮内膜の成育を良くする方法です。しかし、この不妊症のレーザー治療も、全ての不妊の原因を取り除くというわけでもありませんので、レーザー治療が適切かどうか、かかりつけの病院の先生とよく相談することです。

不妊治療というとすぐに、体外受精しかないのか。たくさんの検査を受けなければいけない。何か痛い治療をされるのでは、などと思って、気後れしてしまうようですが、不妊の原因もさまざまなら、治療もさまざまです。自分で適切な情報を得ると同時に、前向きな気持ちで、検査を受け、不妊なら原因を知り、はやめに対処を行うことが赤ちゃんを授かることにつながるのです。不妊に関する相談を受け付けるところもあるので、こうしたところで、専門の不妊カウンセラーから、メンタルな面でのカウンセリングを受けるのも良いでしょう。


>> 当サイト推奨!専門家による実績のある治療法を厳選!! <<
>> “自宅でできる不妊治療法” 人気ランキングはコチラ <<

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 原因をよく知ろう
医学上の問題だけでなく、最近は、ストレスも不妊の原因の中で大きな関係がある、とも言われています。1996年にWHOが実施した調査によると、不妊の原因は、女性側にある場合が・・・・・・続きを読む

★ 費用はどれくらいかかる?
概算で見ても、ホルモン検査、卵管検査、精子検査の三大検査で3万円程度、不妊治療を受ける場合の一ヶ月当たりの支払額は最低でも6000円は必要となります。超音波検査は排卵・・・・・・続きを読む

★ ピルとの関係
ピルは、子宮内膜症の治療薬としても用いられますが、ピルは内膜症の症状を軽減し、病変の進行を遅くする程度の効果はありますが、内膜症の完治にはつながりません。内膜症が存在・・・・・続きを読む

★ 高齢出産と、産み分け
高齢出産になると子育ての時間も限られるので、子供は1人で、と考える夫婦も多くなるでしょう。そうなると不妊治療とともに、産み分けも必要となってきます。高齢出産でも産み分けは・・・・・・続きを読む