なんと20年間で13,000人の成功実績!
メディア出演も多数の不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック


■  費用はどれくらいかかる?



不妊治療の費用は、一般的にどうしても高くなりがちです。これは、まず、一部には保険が適用されるものもありますが、たいていの不妊治療は保険が適用外になることがあります。また、特殊な検査で、特に高度な技術が必要となる検査だと、どうしても検査費用が高額になってしまいます。さらに不妊検査には様々な種類があり、必要に応じていくつかの不妊検査を行います。

不妊治療にかかる費用は大きく分けて、検査にかかる費用と治療にかかる費用とがあります。検査には不妊原因を調べる検査と排卵時期を調べる検査とがあります。治療には一般治療(人工授精までの治療)と生殖補助医療(体外受精など)とがあります。

概算で見ても、ホルモン検査、卵管検査、精子検査の三大検査で3万円程度、不妊治療を受ける場合の一ヶ月当たりの支払額は最低でも6000円は必要となります。超音波検査は排卵時期の予測や、排卵の確認には欠かせない検査で、1周期に2〜3回は必要です。検査料は1回当たり4000〜6000円ほどかかり、排卵誘発剤などを使用する周期では、検査に対して保険が適用されるため自己負担額は3割となりますが、それでも結構大きな支出となります。

検査によっては複数回同じ検査を行わなければいけないこともあるため、検査を重ねるごとに費用は膨れ上がってしまいます。費用は総額で、安くて20万から30万、高いところで50万から100万くらいまでと、結構開きがあります。しかし、費用の安さだけでなく、信頼できる医師のいる病院で治療を受けるべきです。地方自治体ごとに、不妊治療に対する助成金を支給してくれるところもあるので、問い合わせてみると良いでしょう。不妊治療費助成事業の指定医療機関の場合、不妊治療が比較的安く済む場合もあります。


>> 当サイト推奨!専門家による実績のある治療法を厳選!! <<
>> “自宅でできる不妊治療法” 人気ランキングはコチラ <<

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 原因をよく知ろう
医学上の問題だけでなく、最近は、ストレスも不妊の原因の中で大きな関係がある、とも言われています。1996年にWHOが実施した調査によると、不妊の原因は、女性側にある場合が・・・・・・続きを読む

★ ピルとの関係
ピルは、子宮内膜症の治療薬としても用いられますが、ピルは内膜症の症状を軽減し、病変の進行を遅くする程度の効果はありますが、内膜症の完治にはつながりません。内膜症が存在・・・・・続きを読む

★ 高齢出産と、産み分け
高齢出産になると子育ての時間も限られるので、子供は1人で、と考える夫婦も多くなるでしょう。そうなると不妊治療とともに、産み分けも必要となってきます。高齢出産でも産み分けは・・・・・・続きを読む