なんと20年間で13,000人の成功実績!
メディア出演も多数の不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック


■  病院選びのポイント



最近は不妊治療を行っている病院も数多くあり、それぞれに独自性を打ち出したりしています。病院を選ぶ際、自身が不妊治療をどのようにとらえ、また自分の身体や生活をどのように理解しているかを明確にし、確かな情報のもとで病院を探すことが大事となります。不妊治療は、産婦人科で行うことになりますが、出来れば不妊治療専門の病院を選ぶのが良いでしょう。

不妊治療の病院も含めて、信頼できる病院を探すには、やはり、実際に不妊治療を受けて、うまく行った知人、友人などに教えてもらうことでしょう。実際の体験談も参考になります。次に、かかりつけの医師に良い病院を紹介してもらい、紹介状も書いてもらうのもよい方法です。これ以外には、ネット、口コミで探したり、書籍でいろいろと情報を得ることになります。

病院選びには、その病院が人工授精を行っているかどうかが1つの判断になります。不妊治療に力を入れている病院だと、たいていは行っています。個人病院だと不安、と思う人もいますが、総合病院だと、タイミング法を行うのに、土日・祝の場合は病院が休みので行ってもらえませんが、個人病院なら事前に頼めば土日・祝でも人工授精を行ってくれる病院もあります。要は、やはり信頼できる医師がいるかどうかでしょう。

不妊治療は、とりあえず一通りの検査のあと、タイミング指導や人工授精といった手段が選ばれることが多いようです。この場合の病院選びはさほど神経質にならなくても良いみたいです。気に入った先生、通いやすい病院などを選ぶことでしょう。体外受精を行うとなると、ある程度慎重に選ぶ必要も出てきます。体外受精の実績がある病院、培養などのスタッフが充実している病院。顕微授精までできる病院、というところがポイントとなります。


>> 当サイト推奨!専門家による実績のある治療法を厳選!! <<
>> “自宅でできる不妊治療法” 人気ランキングはコチラ <<

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 原因をよく知ろう
医学上の問題だけでなく、最近は、ストレスも不妊の原因の中で大きな関係がある、とも言われています。1996年にWHOが実施した調査によると、不妊の原因は、女性側にある場合が・・・・・・続きを読む

★ 費用はどれくらいかかる?
概算で見ても、ホルモン検査、卵管検査、精子検査の三大検査で3万円程度、不妊治療を受ける場合の一ヶ月当たりの支払額は最低でも6000円は必要となります。超音波検査は排卵・・・・・・続きを読む

★ ピルとの関係
ピルは、子宮内膜症の治療薬としても用いられますが、ピルは内膜症の症状を軽減し、病変の進行を遅くする程度の効果はありますが、内膜症の完治にはつながりません。内膜症が存在・・・・・続きを読む

★ 高齢出産と、産み分け
高齢出産になると子育ての時間も限られるので、子供は1人で、と考える夫婦も多くなるでしょう。そうなると不妊治療とともに、産み分けも必要となってきます。高齢出産でも産み分けは・・・・・・続きを読む