なんと20年間で13,000人の成功実績!
メディア出演も多数の不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック


■  高齢出産について



働く女性の増加、晩婚化に伴い、不妊治療を行う女性も増えています。あるところの調査によると、35才以上で出産したという回答者242人のうち、不妊治療をしたという人は27.3%に上ったそうです。35歳以上でも自然に妊娠する人は多いのですが、それだけ不妊治療が普及していると言えるでしょう。もちろん、高齢出産であるという自覚を持って細心の注意をはらう必要もありますが、高齢出産であっても多くのケースでそのリスクを乗り越えられるくらい医学も進歩しているので、前向きに不妊治療に取り組むことでしょう。

高齢で不妊症の治療を行なう場合、体外受精、顕微授精の治療を薦められることが多いようです。30代の前半であると、比較的体への負担の少ないタイミング療法、人工授精などの治療から始めます。しかし、40代近くなったり、40代を超えると、次第に妊娠の確率が低くなり流産の確率も上がるため、より確率の高い方法が用いられるようになります。

30代前半から、子供が欲しいと思うようになり、なかなか子供が出来ないとなると、体外受精、顕微授精の治療などの治療法ばかりに頼らず、基礎体力の向上、いつも精神を安定させる、無添加物中心の食事を摂る、漢方薬を併用するなど、ある程度自分自身の努力も必要となってきます。

高齢出産となると、やはり、不妊治療も、妊娠してからのリスクも人より高いことになります。毎日いろいろと大変な思いをしている人もいるかもしれませんが、それだけに、子供を授かった時の感動は、さらに大きくなるものでしょう。既に一人目の子供がいる、などの場合、生理周期に異常がなければ、もう少しタイミングを取って様子をみても良いかもしれません。特に異常のない夫婦で避妊しない場合でも、1年のうちに80%確立で妊娠すると言われています。1年で妊娠しなければ病院で相談すると良いでしょう。


>> 当サイト推奨!専門家による実績のある治療法を厳選!! <<
>> “自宅でできる不妊治療法” 人気ランキングはコチラ <<

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 原因をよく知ろう
医学上の問題だけでなく、最近は、ストレスも不妊の原因の中で大きな関係がある、とも言われています。1996年にWHOが実施した調査によると、不妊の原因は、女性側にある場合が・・・・・・続きを読む

★ 費用はどれくらいかかる?
概算で見ても、ホルモン検査、卵管検査、精子検査の三大検査で3万円程度、不妊治療を受ける場合の一ヶ月当たりの支払額は最低でも6000円は必要となります。超音波検査は排卵・・・・・・続きを読む

★ ピルとの関係
ピルは、子宮内膜症の治療薬としても用いられますが、ピルは内膜症の症状を軽減し、病変の進行を遅くする程度の効果はありますが、内膜症の完治にはつながりません。内膜症が存在・・・・・続きを読む

★ 高齢出産と、産み分け
高齢出産になると子育ての時間も限られるので、子供は1人で、と考える夫婦も多くなるでしょう。そうなると不妊治療とともに、産み分けも必要となってきます。高齢出産でも産み分けは・・・・・・続きを読む