なんと20年間で13,000人の成功実績!
メディア出演も多数の不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック


■  悩み、誤解を解消するために



不妊症は、身体的に苦痛や違和感を感じるようなものではありません。むしろ健康体の人がほとんどです。元々、子供が欲しいとは思わないなら、何も問題がないのです。ところが、子供が欲しいと思うようになってから、不妊症を深刻な病気として捉えるようになるのです。これは、子供が出来るのが当たり前、という考え方があるからでしょう。しかし、これは、昔の考えなのです。現実には、今は子供が出来にくい、というケースの方が多いと言っても良いくらいなのです。

それなのに、子供が出来て当然、という考えを持つ人が多いことから、専門家などにも相談せず、一人で悩み続ける人も多いようです。クリニックへ不妊治療に行くまで、70%以上の方が半年以上、40%以上の方が1年以上かかっている、という話も聞きます。また、逆に、病院で専門の不妊治療を受ければ、それで必ず100%子供が出来るか、といえば、決してそうでもありません。

病院に行っても子供が出来ないケースがあるのも事実です。診察を開始し、検査、治療と進みますが、子供が出来るチャンスは月に一回なので、あっという間に半年や1年かかることもあります。確かにクリニックに行くと2年以内に子供が出来る可能性は70〜80%程度と言われていますが、それでも半年を過ぎる頃から排卵誘発剤の副作用であるホルモンバランスへの影響や注射時の痛み、体外受精の採卵などで、体にも結構負担がかかってくるようになります。

また、周りの声、励ましが却ってプレッシャーとなり、ストレスもたまってくるものです。結局、赤ちゃんが生まれる仕組みは、まだまだ解明されていない部分も多く、それだけ、すぐに子供を授かるわけにも行かない、ということを知っておくべきなのです。妊娠しないからといって、あせらず、気分をリラックスさせ、ある程度長期的に取り組む姿勢を持って、不妊治療を受けるべきなのです。明るく、前向きな気持ちで、子供が授かるのを待ちましょう。


>> 当サイト推奨!専門家による実績のある治療法を厳選!! <<
>> “自宅でできる不妊治療法” 人気ランキングはコチラ <<

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 原因をよく知ろう
医学上の問題だけでなく、最近は、ストレスも不妊の原因の中で大きな関係がある、とも言われています。1996年にWHOが実施した調査によると、不妊の原因は、女性側にある場合が・・・・・・続きを読む

★ 費用はどれくらいかかる?
概算で見ても、ホルモン検査、卵管検査、精子検査の三大検査で3万円程度、不妊治療を受ける場合の一ヶ月当たりの支払額は最低でも6000円は必要となります。超音波検査は排卵・・・・・・続きを読む

★ ピルとの関係
ピルは、子宮内膜症の治療薬としても用いられますが、ピルは内膜症の症状を軽減し、病変の進行を遅くする程度の効果はありますが、内膜症の完治にはつながりません。内膜症が存在・・・・・続きを読む

★ 高齢出産と、産み分け
高齢出産になると子育ての時間も限られるので、子供は1人で、と考える夫婦も多くなるでしょう。そうなると不妊治療とともに、産み分けも必要となってきます。高齢出産でも産み分けは・・・・・・続きを読む