なんと20年間で13,000人の成功実績!
メディア出演も多数の不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック


■  不妊治療をすると太る?



不妊治療をすると太る、とも言われますが、これは本当なのでしょうか。専門家によれば、薬と、ホルモンのバランスの影響で、太る人もいる、とのことですが、個人差があるようです。エストロゲンやプロゲステロンが、少し水分を寄せ付ける性質を持っているため、人によっては、むくみがでたり、治療の途中で体調がすぐれて、食欲が出た結果、体重が増えることがあるようです。

不妊の治療薬のせいで太ったと思う人も多いようですが、体重のことはあまり気にせず、婦人科で処方された薬はきちんと飲むのが基本です。場合によっては、足のむくみがひどく、しゃがみこむことができないほどになった、というケースもあるようです。さすがにこうなると、精神的にも落ち込むことになりますが、こうしたケースでは、医師と相談し、年に2回ほど薬を飲まない周期を作ったそうです。たまに体を薬から開放するもの良いらしく、飲まない周期は元の体重に戻り、むくみもなくなり、体が軽くなったそうです。

早く子供が欲しいなら、薬の投与を続けるのが大事ですが、体重が増えたりして、どうしても体への負担が大きく、苦痛となるなら、たまに休みを入れるのも良いかもしれません。やはり、精神的に安定することが大切なのです。

また、女性の場合、太りすぎていると、無排卵になる確率が高いといわれます。これは、肥満によってホルモンのバランスが崩れて、排卵障害を起こしやすくなるからです。かといって、突然にダイエットをはじめると、ホルモンバランスを崩す危険があるので、栄養をきちんととって、適度な運動をして、体に無理のない、続けられる減量方法を考えることです。過度のダイエットによって生理がとまったり、排卵がなくなったりと、他の不妊の原因を寄せ付けてしまうこともあるのです。


>> 当サイト推奨!専門家による実績のある治療法を厳選!! <<
>> “自宅でできる不妊治療法” 人気ランキングはコチラ <<

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 原因をよく知ろう
医学上の問題だけでなく、最近は、ストレスも不妊の原因の中で大きな関係がある、とも言われています。1996年にWHOが実施した調査によると、不妊の原因は、女性側にある場合が・・・・・・続きを読む

★ 費用はどれくらいかかる?
概算で見ても、ホルモン検査、卵管検査、精子検査の三大検査で3万円程度、不妊治療を受ける場合の一ヶ月当たりの支払額は最低でも6000円は必要となります。超音波検査は排卵・・・・・・続きを読む

★ ピルとの関係
ピルは、子宮内膜症の治療薬としても用いられますが、ピルは内膜症の症状を軽減し、病変の進行を遅くする程度の効果はありますが、内膜症の完治にはつながりません。内膜症が存在・・・・・続きを読む

★ 高齢出産と、産み分け
高齢出産になると子育ての時間も限られるので、子供は1人で、と考える夫婦も多くなるでしょう。そうなると不妊治療とともに、産み分けも必要となってきます。高齢出産でも産み分けは・・・・・・続きを読む