なんと20年間で13,000人の成功実績!
メディア出演も多数の不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック


■  高齢出産と、産み分け



35歳からの出産だと、高齢出産といわれますが、最近は高齢出産も増え、35歳以降の出産も珍しくなくなりました。年齢とともに、出産には、低体重児・妊娠中毒症・未熟児・先天性異常児の可能性が高くなります。妊娠期間や分娩中に合併症が起こる割合が高いとされているので、検診を定期的に受け、異常があれば早めに対処することが大事です。赤ちゃんだけではなく自身の体へのリスクもあるので、早めにわかれば対応策もあるのできちんと検診を受けることです。

初産だけではなく、2人目の出産でも1人目の時から期間が開いて、さらに40歳を過ぎると非常にリスクが高くなると言われています。40歳を超えた妊娠・出産では100人に1人の割合で染色体異常(ダウン症)が生じています。年齢が上がるほど、その割合も増えているようです。こうした異常がないか知るために、日本では35歳以上の妊婦には羊水検査がすすめられています。

高齢出産になると子育ての時間も限られるので、子供は1人で、と考える夫婦も多くなるでしょう。そうなると不妊治療とともに、産み分けも必要となってきます。高齢出産でも産み分けは可能ですが、高齢出産にはリスクが伴うので、その分、産み分けにも注意が必要となります。しかし、過剰に神経質になるのは良くありません。不安に思うことで、ストレスがたまるとかえって体調をくずしたり、胎児に悪影響を与える恐れもあるので、明るく元気に妊娠期間を過ごしましょう。不安に思わず、前向きに産み分けにチャレンジすることです。

今は産み分けの方法もいろいろありますが、産まれてくる赤ちゃんの性別が選べれば、いろいろと計画も立てやすくなるものです。産み分けを成功させるために一番大切なことは、夫婦で互いに協力しあうことです。夫婦二人で協力して産み分けを成功させることができれば、喜びもひとしおでしょう。


>> 当サイト推奨!専門家による実績のある治療法を厳選!! <<
>> “自宅でできる不妊治療法” 人気ランキングはコチラ <<

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 原因をよく知ろう
医学上の問題だけでなく、最近は、ストレスも不妊の原因の中で大きな関係がある、とも言われています。1996年にWHOが実施した調査によると、不妊の原因は、女性側にある場合が・・・・・・続きを読む

★ 費用はどれくらいかかる?
概算で見ても、ホルモン検査、卵管検査、精子検査の三大検査で3万円程度、不妊治療を受ける場合の一ヶ月当たりの支払額は最低でも6000円は必要となります。超音波検査は排卵・・・・・・続きを読む

★ ピルとの関係
ピルは、子宮内膜症の治療薬としても用いられますが、ピルは内膜症の症状を軽減し、病変の進行を遅くする程度の効果はありますが、内膜症の完治にはつながりません。内膜症が存在・・・・・続きを読む