■  はじめに


「不妊治療@完全ガイド | 妊娠したいとお悩みの方へ」へお越し頂きありがとうございます。当サイトは、妊娠したいとお悩みの方向けに、不妊の原因や治療方法を中心にご解説するサイトです。当サイトが皆様方の一助になれば幸いです。ぜひ右側のメニューから他のコンテンツもご覧になって頂けたらと思います。

また、病院での治療は高額で躊躇されている方や、様々な治療法を試してみても効果があがらなかったという方は、多くの喜びの声が寄せられておりますので、コチラ のランキングをご参考にして頂ければと思います。

>>> 不妊治療人気ランキング 「妊娠したい@完全マニュアル」

■  不妊とは



不妊とは、病気ではありません。自然な状態で妊娠することができないか、妊娠を一定期間以上維持することができない状態のことを言います。WHOの定義では「避妊をしていないのに、二年以上妊娠できない状態」となっています。妊娠できない状態を原発性不妊、一度以上の妊娠・分娩後妊娠に至れない状態を続発性不妊、と区別する場合もあります。

原因はいろいろと考えられますが、特定することは難しいものです。精子の運動が全く確認できないなど、比較的簡単に原因を特定できる場合もありますが、妊娠に到るまでにはさまざまな過程があり、その中で、どの過程に問題があるかを確認することは困難なものです。しかし、治療としては、各種検査をすることで、ある程度の対策を立てることは出来ます。

あるデータによると、10組のカップルの内、1〜2組は不妊と言われています。原因は、男性側にある場合と女性側にある場合、さらに、双方にある場合もあり、約半数では男性にも問題があります。女性の場合、卵管やホルモン分泌の障害、男性側の場合は精子の数や運動性などに問題があることが多いのですが、複数の原因が重なっていたり、原因そのものがつかめない場合も結構多いものです。

また、不妊症の疑いがない男女でも、排卵日にセックスをしても、妊娠する確率は20%程度といわれています。つまり、妊娠は、決して簡単ではないことがわかります。特に原因が特定できないのに、なぜか妊娠しないケースも結構あり、こうした、現在の医学では原因がわからない不妊症を、「機能性不妊症」といいます。このタイプの不妊症も、約10%程度あるそうです。


>> 当サイト推奨!専門家による実績のある治療法を厳選!! <<
>> “自宅でできる不妊治療法” 人気ランキングはコチラ <<

  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 原因をよく知ろう
医学上の問題だけでなく、最近は、ストレスも不妊の原因の中で大きな関係がある、とも言われています。1996年にWHOが実施した調査によると、原因は、女性側にある場合が41%、男・・・・・続きを読む

★ 費用はどれくらいかかる?
概算で見ても、ホルモン検査、卵管検査、精子検査の三大検査で3万円程度、不妊治療を受ける場合の一ヶ月当たりの支払額は最低でも6000円は必要となります。超音波検査は排卵・・・・・・続きを読む

★ ピルとの関係
ピルは、子宮内膜症の治療薬としても用いられますが、ピルは内膜症の症状を軽減し、病変の進行を遅くする程度の効果はありますが、内膜症の完治にはつながりません。内膜症が存在・・・・・続きを読む

★ 高齢出産と、産み分け
高齢出産になると子育ての時間も限られるので、子供は1人で、と考える夫婦も多くなるでしょう。そうなると不妊治療とともに、産み分けも必要となってきます。高齢出産でも産み分けは・・・・・・続きを読む

■ 妊娠関連最新ニュース